事務局の渡辺です!本プロジェクトもいよいよキックオフが迫ってきました。
そこで、当日参加される生徒に向けた「応援メッセージ」を各方面で活躍する方々から
預かっておりますので、こちらのサイト上でも、順次紹介させて頂きます。

トップバッターは、単身アメリカに渡り、メジャーリーグ、
ボストン・レッドソックスで通訳を務める松本重誠さんからのメッセージです。

松本さんはチームで上原投手、田澤投手の通訳を担当されており、
2年前の世界一に貢献するなど、アメリカの地で活躍されています。

また、柏市在住であり、シーズンオフに日本に帰ってきた際には、
地元や東北のボランティア活動に参加するなど、社会貢献活動にも熱心な方です。
ぜひご一読ください!

========================================

ボストン・レッドソックス通訳 松本重誠さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の仕事はメジャーリーグ選手の通訳です。2年前は世界一、昨年は最下位。
メジャー1年目は大半をマイナーで過ごす等、楽しいことも苦しいことも経験しました。

野球選手の通訳になろうと思ったのは10歳の頃でした。紆余曲折を経て
メジャーの舞台に立てたのは36歳の時でした。これまで色んな職を転々としましたが、
英語と大好きなスポーツを組み合わせた仕事がしたいとの思いは揺るぎませんでした。

何をやりたいのかを見つけるのは本当に難しいです。色んな人との交流を通じて
意見を交換したり、様々な経験を通じて気づいたりすることもあります。

今回の「高校生・夢マルシェ」も「やりたいこと」をみつけるための貴重な
体験になると思います。好きなことを仕事にするというのは大変なことです。
しかし、やりがいは非常にあります。

みなさんがそんな仕事を見つけられるよう心から願っています。
ボストン・レッドソックス通訳 松本重誠

========================================