事務局の渡辺です!

先日、「高校生・夢マルシェ」の特別編として、柏にあるフランス料理店「レストラン ル・クープル」さんに伺い、秋に企画する高校生・アイデア商品の打ち合わせを行ってきました!今回は前回(9月5日)の農場見学に引き続き、生徒たちが実現したい「地元食材を使い、お客様好みでカスタマイズできる飲食物」の内容を決定することが目的です。

料理の鉄人 佐々木清恭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ル・クープル」さんと言えば、柏市内ではフランス料理の名店として有名。オーナーシェフの佐々木清恭さんはフランスの名だたる三ツ星レストランで腕を磨き、日本帰国後は、赤坂の「ル・マエストロ ポール・ボキューズトーキョー」で総料理長を務めるなど、フランス料理界の第一線で活躍されてきた実力派シェフ。その腕前は「料理の鉄人」や「チューボーですよ」などのTV番組でも紹介される程です。

また、1999年にご自身の地元である柏に戻り、「ル・クープル」を開業されてからは、地域の子ども達に「食育の授業」をするなど、地域活動などにも熱心に参加されております。今回は、そんな佐々木シェフに一肌脱いで頂く事となり、生徒たちはもちろん、私たち大人も「いったいどんな料理が出来るのだろう?」と、ドキドキ、ワクワク!しながら、お店に伺わせて頂きました。

ル・クープル佐々木シェフと打ち合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、私たちがシェフに提案させて頂いたコンセプトというのは、5W1Hで整理させて頂くと以下の通りです。

Who(誰が)…地元高校生が
What(何を)…地元野菜の温製野菜スープ
When(いつ)…秋(11月)
Where(どこで)…マルシェコロール(柏の葉キャンパス)
Why(なぜ)…起業・就業体験のため(&高校生による地域振興のため)
How(どのように)…マルシェのブースで、元気に、お客様との対話を楽しみながら生徒が接客販売!

ル・クープル 佐々木シェフ調理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、What(何を)の部分である温製野菜スープに使う食材に関しては、先日9月5日に訪問させて頂いた小川ファームさんのお薦め情報を参考に、柏が生産量日本一を誇る「かぶ」に加え、「西洋ねぎ」「ビーツ」「スゥエーデンかぶ」など、柏市内のスーパーなどでは一般的に売られていないけれども、実は柏で収穫できて、且つ、とても美味しいという野菜類を提案させて頂きました。

ル・クープル 生徒の笑顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、このリクエストをベースとし、世界中の野菜を知り尽くす佐々木シェフに、お薦めの料理方法をご提案頂き、実際の試食と意見交換をさせて頂きましたが、さすがに柏を代表する料理人である佐々木シェフの料理はとても美味しく、生徒たちも、自然に笑顔が溢れてしまう。そんな楽しいひと時となりました。もちろん、この「美味しい、楽しい」は一朝一夕で実現する訳ではありません。食材の選別、手の込んだ仕込みなどの事前準備。そういった、普段、お客様からは見えないところでの努力があって、はじめて「美味しい、楽しい」が実現する訳です。

ル・クープル 佐々木シェフ仕込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、佐々木シェフには、そういった事前準備の大切さやお客様を迎える上での心の準備など、商品開発のみならず、働く上でのとても大切なメッセージを頂戴したと思っております。たいへんお忙しい中、生徒たちに真摯に向き合ってくれた佐々木シェフには、改めて御礼申し上げます。

ル・クープル 生徒との記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、いよいよ、秋の出店に向かい、活動も本格化して参りました。次回からは、価格設定や販売戦略など、事業計画の策定にも取り組んでいきます!

 

「レストラン ル・クープル」のホームページはこちらから。