◇まずはじめに

2016年3月27日、いよいよ、第2期目の高校生向け起業体験プログラム「高校生・夢マルシェ」をキックオフさせて頂きました!

いよいよ今年も、高校生・夢マルシェがキックオフ!しかも、今年はその初日を「高校生未来イノベーティブ会議」と題したオープン講座スタイルとさせて頂き、約半年間の期間プログラムに参加する生徒はもちろん、東葛地域の高校に通う高校生、そして、東葛地域を拠点に活躍する起業家の方々にもお集まりいただき、総勢20名以上でのイベント開催となりました。

高校生未来イノベーティブ会議

そして今回は、(株)しごと総合研究所の山田夏子さんにご協力頂き、待望であった「グラフィックレコーディング」も初導入致しました!※文末に全イラストの画像を載せていますのでご覧になってください。

高校生未来イノベーティブ会議

◇起業家講演

イベントのトップバッターとして、柏を拠点に活躍する起業家、まくら株式会社の河元智行社長にご講演頂きました!

高校生未来イノベーティブ会議

まくら株式会社とは、その名の通り、「まくら」をインターネットサイトで販売する会社です。
※まくら株式会社のプロフィールは、以下URLよりご確認ください。
http://www.pillow.co.jp/profile/

河元社長は、その創業社長であり、柏を代表するベンチャー起業家の一人。

現在でこそ、柏駅前の一等立地にオフィスを構え、たくさんのスタッフに囲まれ仕事をされている河元社長ですが、起業時はご自身ひとりであり、資金なし、経験なし、職歴なし、商材無し、、といった無い無い尽しのスタートだったと言います。

高校生未来イノベーティブ会議

ではなぜ、「まくらで起業したのか?」と言えば、ご自身が都内でサラリーマンとして忙しく働いていた頃、買い換えたまくらが合わず、首を痛めたことに起因しているとの事です。でも、当時のまくらは返品もできず、誰に文句を言ってよいかもわからなかった。

「それであれば、まずは自分がまくらに詳しくなろう。そして、自分と同じように”まくら”で誰かが不幸になる事の無いように、枕の選び方をまとめたポータルサイトをつくろう。」そのことが、河元社長が、起業独立の道に進む第一歩になったとの事です。

普通であれば、まくらが合わなければ買い換えようとか、諦めてしまうのが殆どでは無いかと思いますが、河元社長の様にそれを常識と捉えず「本当か?」と疑ってみること。そして「自分で変えられないか?」と、ポジティブに考えてみる事。

そういった視点、動きが、「まくら」という身近すぎる商材に光を当てまったく新しいインターネット通信販売の市場を生み出すに至ったのでは無いかと思います。

モノに溢れた現代にいきる高校生、そして私たち大人にとっても、この日の河元社長のご講演は、新たなビジネスや働きかたを考える上で、とても参考になるメッセージとなりました。

◇未来の働くを考えるシンポジウム

「2030年の未来、働きかたを考えよう!」と題し、未来の働きかたを考えるシンポジウムを開催させて頂きました!

起業家講演の次は、「2030年の未来、働きかたを考えよう!」と題し、(株)岡村製作所でワークスタイルの研究を行っている遅野井宏氏を講師に、未来の働きかたを考えるシンポジウムを行わせて頂きました。

高校生未来イノベーティブ会議

傾斜生産、右肩上がりの時代が終わり、市場が飽和、頭打ちとなっている現代において、私たちの「はたらく」にも今、変化が求められています。

「ノマドワーク」「スマートデバイス」「ワークライフバランス」「クラウドサービス」など、世の中にキーワードがあふれる中、私たちはどこに向かっていくべきなのか?そして、次代を担う高校生たちは、何を準備していくべきなのだろうか?

そういった内容をテーマに、遅野井氏自身や、その廻りで行っている事例なども踏まえ、ご講演を行って頂きました。

高校生未来イノベーティブ会議

途中、(株)フラットフィールドさんのご協力により、人型ロボットのNAOも壇上に登場。高校生も起業家も一緒に、未来の働きかたをポジティブに、そして自分ごととして創造できる、そんな貴重な時間となりました。

 

◇高校生×起業家アイデアソン!

東葛地域で活躍する起業家の方々にご参加頂き、「高校生×起業家アイデアソン!」を開催させて頂きました!

高校生×起業家アイデアソン

高校生×起業家アイデアソン

高校生×起業家アイデアソン

高校生未来イノベーティブ会議

高校生未来イノベーティブ会議

メインイベントとして、東葛地域で活躍する起業家の方々にご参加頂き、「高校生×起業家アイデアソン!」を開催させて頂きました。これがたいへん盛り上がりましたが、具体的なアイデアソンの内容としては、テキストでは書き切れない内容となりますので、文末の山田夏子さん作成、グラフィックレコーディングの画像をご確認ください。

(ご参加頂いた企業の皆様)順不動

・まくら株式会社 河元智行様
http://www.pillow.co.jp/

・株式会社フラットフィールド 平野正浩様
http://f-field.jp/

・株式会社新閃力 尾崎えり子様
http://ozakieriko.jp/

・mogumiデザイン事務所/クリエイティブスペースhaco-coior もぐみ様
http://haco-color.jimdo.com/

・CCRC株式会社 神長尊士様
http://ccrc.jp.net/index.html

・株式会社mannaka 甲斐 雅之様 (柏タイムズ)
https://twitter.com/kashiwa_times

・有限会社岩井製作所 岩井武巳様
http://www.iwaiseisakusho.co.jp/

・日本政策金融公庫 関谷善行様
https://www.jfc.go.jp/

(ファシリテーター・事務局)

・株式会社 岡村製作所 遅野井 宏様
http://www.okamura.co.jp/

・株式会社しごと総合研究所 山田夏子様
http://www.shigotosoken.jp/

・SPRINT 筒井健裕様
http://www.sprint-hercules.com/

・株式会社プラントテクノロジー 冨樫里真様
http://platec.biz/

・株式会社アールワン・プロフェッショナル 渡辺 裕二
http://r1-pro.jp/

(後援団体)

・柏市

・31 VENTURES(三井不動産株式会社)
http://www.31ventures.jp/

・日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/

 

◇高校生ビジネスプラン・グランプリのエントリー案内

そして、イベントの最後には、日本政策金融公庫 国民生活事業の関谷善行様にお越し頂き、日本政策金融公庫が毎年開催している「高校生ビジネスプラン・グランプリ」のエントリー案内を行って頂きました。

高校生未来イノベーティブ会議

今年で第4回目となる本グランプリに関してですが、昨年度は全国より2,333校のエントリーがあったとの事です。しかしながら、私たちが拠点とする千葉県からは、たったの4校しかエントリーしておらず、「地元地域から、もっと起業家教育を広めていきたい!」。

そう考えた、私たち高校生・夢マルシェ運営事務局のラブコールに対し、今回のタイアップ(後援)が実現致しました。関谷様からは、ぜひ、高校生・夢マルシェのメンバーにも挑戦して欲しいとの事でしたが、その結果はいかに!?
これから、プログラムに参加する生徒と協議していきたいと思います。

◇1日を振り返って

最後に、本イベントのまとめとなりますが、今回は高校生・夢マルシェのオープン講座として、東葛地域で活躍する起業家の方々をお招きして開催させて頂きましたが、

「思った以上に楽しかった!これからもがんばります!」
「今日の企画会議が楽しかったので、今後の夢マルシェのプログラムも楽しみ!」

高校生未来イノベーティブ会議

高校生未来イノベーティブ会議

という様に、今日のイベント自体が楽しかったという生徒からのコメントや、

「始まる前は不安でしたが、終わってみて、とても充実した時間を過ごすことができました。この経験を、自分のすすむ道や生徒会でいかしていきたいです!」
「”起業”や”ビジネス”というものが、意外に身近にあるものだと感じました。とっても充実した時間で、これからの半年間が楽しみです!」

という様に、多くの気づきを得られ、充実した1日だったとの評価が多かったです。

一方、我々事務局の反省点としては、色々な方々のご協力を得て、たいへん充実したイベントプログラムであったと自負出来ているものの、であるからこそ、もっと、より多くの高校生に参加して欲しかったという事です。

今後は、この反省も踏まえながら、ベンチャー企業らしく、これをタイムリーに改善し、また次の開催に向けて、準備していきたいと思っております。

高校生未来イノベーティブ会議

以上、本当にたくさんの笑顔、そして真剣な眼差しと向き合えた1日でしたが、これを生徒と、私たち起業家の”夢”と”希望”に変えるべく、これからの半年間、また頑張って行きたいと思います。

今後ともご支援の程、宜しくお願いします!

※以下、山田夏子さんの大作!グラフィックレコーディングのアウトプットとなります。

高校生未来イノベーティブ会議