事務局の渡辺です!先日、柏クラス4日目のプログラムを展開させて頂きました。テーマは「出店するお店の方向性を決定しよう「ワールドカフェ」&高校生の為の経営学パートⅠ」です!

1、起業家講演

今回は、夢マルシェ運営事務局代表であり、株式会社アールワン・プロフェッショナルと株式会社食器プロで社長を務める渡辺より、「働くと人生」をテーマとした講演を行わせて頂きました。

起業家講演

私は良く「渡辺さんは、夢マルシェを運営するぐらいだから、学生時代から明確な夢があったのですよね?」と聞かれるのですが、実は全くの逆であり、高校生時代には、これといった夢や目標もありませんでした。部活を一生懸命頑張って、甲子園や花園を目指した訳でもなく、一生懸命勉強して、東京大学合格を目指していた訳でもありません。ただなんとなく、毎日を惰性で過ごしていたと思っています。

起業家講演

そんな私が、初めて「ぼんやりとした夢」を持ったのは、大学生になって、アルバイトで飲食店の仕事に関わる様になってからでしたが、今回の講演では、社会との接点から、初めて夢を持つようになった私が、紆余曲折を経て、現在に至るまでのストーリーをお話させて頂きました。

真剣に聞いてくれた生徒たちの今後にとって、何か少しでも、役に立つ機会となってくれていれば嬉しく思います。

2、高校生の為の経営学

続いて「高校生の為の経営学~7つの経営手法~」と題し、事務局代表の渡辺より、経営学のレクチャーを座学形式にて行わせて頂きました。

高校生のための経営学

この経営学とは、我々ベンチャー企業が経営を行っていくなかで、「これだけは覚えて欲しい!」という事を選りすぐってまとめさせて頂いたものです。なかには、「限界利益と損益分岐売上の計算」など、一般の高校生には難解な経営手法も含まれますが、さすが、生徒たちの理解度も高く、論理は理解して貰えたと思っております。

高校生のための経営学

あとは、これらの知識を実社会で活用するべく、以後のプログラムでも使用しながら、理解を深め、身に着けていって欲しいと思っています。

3、出店する事業を決める為のワークショップ

そして最後には、前回にアイデアソンで出し合った個々のアイデアを持ち寄り、最終的な実施事業を決める為の、ワークショップを行いました。

アイデアソン

まず、個々で発案した8つのアイデアのプレゼン会を行い、それに対し「創造性」と「実現性」の観点から、生徒自身で投票、順位を決めるという方法で二案まで絞り込みを行いました。

ワールドカフェ

そして、選ばれた二案に対し、チームワーク手法である「ワールドカフェ」を用い、イメージをより鮮明にする為のワークを行いましたが、大きな模造紙の上に、自分たちの思い描いたアイデアを書き込むというワールドカフェの手法は、生徒にとっても新鮮だった様で、短い時間ながら、本当にたくさんのアイデアが湧き出していたと思います。

ワールドカフェ

最後、そのアイデアを6W2Hの観点からまとめる作業まで行いましたので、今後はそのアイデアをより深掘りし、明確にするべく、次なるワークに入って行きたいと思います。