事務局の渡辺です!先週末、第2期生・鎌ヶ谷クラスのプログラム開催を行いました。最後のプログラムを終え、残すところは、10月30日開催『第28回・鎌ヶ谷市産業フェスティバル』における企画事業のお披露目です!是非、ご覧ください!

1、起業家講演

本プログラムでは、毎回より多くの起業家&社会人の働きかたや人生に対する講演を聞いて頂き、その中から、自らの働きかたに対するヒントや、人生の夢を見つけて欲しいという目的で、起業家講演を実施しています。

その第4回目の講演として、今回は全日本ロードレースでも活躍するプロライダー、小室旭さんにお話を伺いました。

プロライダー小室旭さん 起業家講演

小室さんは、今年の夏にも開催された日本最大のオートバイレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」にも出場する全国区のプロライダーで、23歳の頃から、全日本ロードレースにも参加されてきました。

中学生くらいの頃からバイクが大好きで、30歳まではガソリンスタンドで働きながら、プロライダーの仕事を続けてきたとの事ですが、やはり「好きを仕事にする」過程としては、お金の問題、家族のご理解など、たくさんの壁があったそうです。

プロライダー小室旭さん 起業家講演

今回の講演の中では、さらに高い壁を超えるべく、体を鍛え直して250ccから1000ccの鈴鹿八耐に挑戦したお話や、メカニックの視点からの「ものづくりに対する考え」なども伺う事ができ、もともと車やバイクが好きで、工業高校機械科に通っている生徒などは、目を輝かせて話を聞いていました。

プロライダー小室旭さん 起業家講演

「これからの夢は、まだ、試行錯誤。」という小室旭さんでしたが、走り続けるその生き様は、生徒にとって、強い印象に残ったと思います。

2、当日のオペレーション設計と出店準備

そして後半戦は、いよいよ10月30日にせまった「第28回鎌ヶ谷市産業フェスティバル」の出店準備。
今回、生徒たちが選び、半年間準備してきたその企画内容とは、”ものづくりの楽しさ”を伝えるためのワークショップで、

そのタイトルは、
「地元高校生企画!ものづくりの楽しさ体験~世界に一つだけのストラップを作ってみよう~」です。

企画事業の出店準備

具体的には、ものづくりの工程で発生する端材や、紫外線照射で固まるUVレジンなどの材料を使いながら、オリジナルのアクセサリーやストラップが作れるというワークショップで、その製造過程を通じて、ものづくりの楽しさを、市民の方々にも広く知って頂こうというものです。

従って、生徒が高校で勉強し得意とする「ものづくり」の領域にあるのですが、事業とはそう単純に終わりません。

企画事業の出店準備

このワークショップを実現するためには、原価計算などの収益シミュレーション、事業計画書の作成に始まり、お客様に興味を持っていただく為のPR・販促業務、そして当日の受付や会計業務、それらに伴う接客業務など、多種多様な付帯業務が発生します。それらに対し、生徒全員で意見交換を行いながら、オペレーションの設計や準備を行いました。

企画事業の出店準備

また、当日に展示する見本サンプルの作成も行い、事前準備は整いましたので、あとは当日、生徒それぞれが持つ個性、ポテンシャルを残すこと無く発揮して、悔いの無い1日に出来ればと考えています。

来週末30日、是非お時間ある方は「福太郎アリーナ」まで、遊びに来てください!!

◇第28回・鎌ヶ谷市産業フェスティバルのご案内
http://www.kamagaya.or.jp/top/pdf/sangyo_festival2016.pdf